半径100mの写真展

地元の見慣れた風景を懐かしむために記録するブログ

【半径100mの写真展】風の可視化- RICOH Ⅲx -

GR3x 作例

こんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。地元を撮り続ける『ジモグラファー』やってます。

ちょうどこの時期、田んぼは緑の草原になります。雨上がりの風が強い日。ちょっとだけぶらぶらしてきました。

ジモグラファーって?

ジモグラファーは『地元』+『フォトグラファー』の造語。地元を撮り続けるフォトグラファーの意味です。
ジモグラファーに関する詳しい内容はこちらから。

www.01dougajyuku.work

今回の記事以外にもいろいろな写真を撮影しているので見てもらえると嬉しいです。

www.01dougajyuku.work

緑の草原を駆け抜ける風を可視化する

かっこいいこと言ってますが、風に揺れる稲を撮ったっというだけのお話。。。

この週は連休と絡めて1週間実家で在宅していました。あいにくずっと雨続きでカメラを持って外に出歩くことはできず、唯一外に出たのがこの記事を書いた時くらい。流石にもやもやしていたので雨上がりのお昼休みに少しだけ出かけました。

GR3x 作例

と言っても撮ったのは田んぼだけ。いろんな緑色が風に揺れて移ろっていく様がきれいでした。

GR3x 作例

GR3x 作例
GR3x 作例

GR3x 作例

GR3x 作例

なんてことない風景ですがこんなのもあえて残しておくのもいいでしょ?

撮影機材

リコーのコンパクトデジカメGR3xで撮影しました。ファインダーもない小さなカメラですがもうこれで十分じゃないかと思えるような素晴らしいカメラ。

www.01dougajyuku.work

最後に

10年後にもう一度見返したくなる風景を撮り続けたいです。

www.01dougajyuku.work