半径100mの写真展

地元の見慣れた風景を懐かしむために記録するブログ

【半径100mの写真展】朝から晩まで - FUJIFILM X100V -

X100V 作例

こんにちは。すぎっち(@cedar_studio)です。地元を撮り続ける『ジモグラファー』やってます。

久しぶりに地元に帰ってきました。前回はお盆だったので一気に涼しくなりましたね。特に朝晩はかなり冷え込むのでもう冬みたいな感覚です。

ジモグラファーって?

ジモグラファーは『地元』+『フォトグラファー』の造語。地元を撮り続けるフォトグラファーの意味です。
ジモグラファーに関する詳しい内容はこちらから。

www.01dougajyuku.work

今回の記事以外にもいろいろな写真を撮影しているので見てもらえると嬉しいです。

www.01dougajyuku.work

早朝フォトウォーク

久しぶりの地元でウキウキして朝早く起きてしまいました。

朝は一気に明るくなってしまうのでちょうどいい具合のタイミングはほんの一瞬。出遅れないように慌てて家を出ます。

東の宝達山の方から少しずつ明るくなってくる。諏訪神社前の電線がいいアクセントに。右下に小さく見えるのが地下道。

X100V 作例

夕日を撮るときは海に出ることが多いから障害物が少ないけど、朝日を撮るときは電信柱や家並みがシルエットとして入ってくるからこれもまたいい。

 

X100V 作例
X100V 作例

空は一気に白く明るくなってくる。前田川の川縁にススキとセイタカアワダチソウがたくさん咲いてた。セイタカアワダチソウとブタクサって別物だって知ってた?

X100V 作例
X100V 作例

前田川から北川尻を。

X100V 作例

 

夕方フォトウォーク

昼間は家でおとなしくしていました。そして夕方になると外へ飛び出します。

いつもの北川尻海岸へ。

X100V 作例

まだ少し日が沈むまで時間があるからちょっとだけ場所を変えて。

X100V 作例

早朝撮影していた前田川の上から次は西側を望んで。この季節のこの時間はススキと向こうのビニルハウスがいい感じで光るのでおすすめなんです。

X100V 作例

そしていつものポイントへ。ここは大海川の河口。隠れ撮影スポット。

X100V 作例

日によって川の形は変わるけど、この時間になると風がない限り水面が静かになって鏡のようにリフレクションしてくれます。

X100V 作例

太陽が沈む直前。この世で一番美しい時間帯の一つ。こんな時間に家の中にいるのはもったいないですよ!

X100V 作例
X100V 作例

そして日が沈んだ後も印象的な時間は続きます。ここで大体17:30くらい。まだまだ帰って晩御飯の準備もできる時間。

X100V 作例

そしてここから地表面は真っ暗に。空だけが輝く時間帯。

X100V 作例

何度も言いますが朝と夕方は外に飛び出してみませんか?想像以上に素晴らしい風景が広がっていますよ・

撮影機材

富士フィルムのコンパクトデジカメX100Vで撮影しました。旅行に一台だけカメラを持っていくなら迷わずX100Vを選びます。

www.01dougajyuku.work

最後に

10年後にもう一度見返したくなる風景を撮り続けたいです。

www.01dougajyuku.work